UNESCOクラブ始動!KIS生、淀川ゴミ拾いボランティア

 2月10日(日)、三連休の中日、私達は、寒風吹き荒ぶ(笑)淀川河川敷に立っていました。
淀川河川敷のゴミ拾いボランティア、です!
関西大学のサッカー部が中心となって毎年実施されている大掃除大会です。

当日は、関西大学サッカー部のメンバー百名前後が勢揃い!みんなそろいのチームジャージを着ており、その大所帯ぶりに、圧倒されます。
KISからは、チームUNESCOの姜瑜珍さん(高等部2年)と高等部1年の姜瑜羅さん・朴苑善さん。
そして、KISバスケ部・KISサッカー部のメンバーと個人参加の:韓侑奈さん(中等部1年)、中等部2年の松原知浩くん・尹泰征くん、中等部3年の金琢くん・都悠兆くん・山口世生くん、高等部1年の姜待旭くん・邊廣烈くん・祖母井世和くん・河光希くん・沈相宇くん。先生方は、廣田景一先生、宋悟事務局長、金明佳先生、池田大介先生と、哲学カフェにも毎回熱心に参加されている『関西大学サッカー部監督の島岡先生』。そして、池田先生の娘池田千純さんも飛び入り参加。

さあ、清掃開始!
すると、出てくるわ出てくるわ。
ゴミ、ごみ、GOMI…の山!
ペットボトルに空き缶。スーパーの買い物カゴからビニールシート・ビニール袋。野球やテニスのボール、ドッジボールにバスケボールも。果ては、注射器(水鉄砲?)やふとんまで((+_+))
2時間があっと言う間に過ぎ、ゴミ袋(大)計213個が満杯に。
ゴミ拾いは、一ヶ所で展開されたわけではなく、いくつかのグループに分かれ、淀川を広範囲にカバー。全てのグループを合わせると、合計で、なんと!1200袋以上のゴミが集まったということです。

悲しいことに、次の年に同じ場所へ行ってみると、ゴミが同じように捨てられ、また汚れているそうです。
これをどう考えるか…!?
無駄なこと、とも言えます。
しかし、このゴミ拾い企画を長年仕切り実行しておられる『関西大学サッカー部OB会々長の佐藤弘一さん』の言葉が心に染みました…!!!
「ひとつ拾えばひとつきれいになる」…!!!
ゴミが“.護美”に変換され、昇華された瞬間でした!

関西大学からKISへ。。。そして、そこから…
“次回の参加”に、KIS生がどう動くか…!?
さあ、より大きいムーブメントへ…!?
見守りたいと思います!!!

池田大介(副校長)



月別記事一覧
お知らせ
コリア国際学園
タイトルとURLをコピーしました