寄宿舎生活

KIS RESIDENCEは、「越境人」を育成する最高のインキュベーター
寝食をともにする仲間たちと、友情と自立心と協調性をはぐくむ日々

快適な学習環境とバランスのとれた食事を毎日提供します。 また、専任の舎監が日常生活をともにし、寄宿舎生の「規律」ある生活、「安心・安全」の生活のために全力でサポートします。 学校の学生支援部と連携するとともに、寄宿舎生活は自主企画の講演会の実施やスポーツ観戦などますますパワーアップします。 人生の最も多感で大事な時期、自分と時間をマネジメントする力を養います。

KIS寄宿舎の目指すべきビジョン
[ビジョン] 越境人を育成するための再考の「インキュベーター」を目指す
[目 的] 自己実現に向けて自律(Self-direction)と自立(Self-standing)の心と態度を育成する
[目 標] 1・<自己>自分と時間をマネジメントするチカラを育成する
2・<他者>他者への「思いやり」の心と態度を育成する
3・<生活>規律ある生活態度を徹底する
4・<学習>「学習意欲」の向上をはかる 5・<指導>リーダーシップを育成する
[価 値]~KIS寄宿舎の優先的価値
1・「安心・安全」寮生が「安心・安全」で生活できる環境や判断を重視する
2・「関心・愛情」相互の人間関係の土台に「関心・愛情」がしっかり息づく寄宿舎文化を創る
3・「規律・遵守」自己実現のためにも規律ある生活とルール遵守が必要不可欠であることを理解する
4・「気づき・楽しみ」心に届くリアルな気づきと楽しみこそが人間成長の糧であることを学ぶ
KIS RESIDENCE / 寄宿舎施設概要
・2人部屋 ・各部屋ベッド/机・イス/クローゼット/キッチン/バス・トイレ ・食堂/PCルーム ・朝夕の食事付き(日祝日を含む) ・男女別の可動式の間仕切り(廊下)

寄宿舎全景 廊下 部屋
r03 r01 r04
食事 食堂 寄宿舎前の公園
r06 r02 r05
個性豊かな仲間たちと学園生活 + aの経験を

舍監崔貞夫先生

寄宿舎では、舎監と副舎監2人、日本全国、韓国、中国等の海外から集まった25名ほどの生徒たちが共同生活を送っています。
寮では、安心かつ快適な生活が出来るよう、1人1人がルールを守り、規則正しい生活を送ることが大切です。親元を離れ、知らな
い地域で勉強、生活することは慣れるまで大変だと思いますが、「郷に入れば郷に従え」で、お互いの文化や習慣を尊重しつつ、
助け合い、支え合いながらやっていけば、有意義で、思い出に残る寄宿舎生活が送れるようになると思います。私も一生懸命サ
ポートしていきます。個性豊かな仲間たちとの共同生活は学園生活+ a の経験としてきっと皆さんの大きな宝物になることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました