KIS生徒、アメリカ総領事館へ表敬訪問&懇談

本年度開始早々の4月15日、大阪・神戸アメリカ総領事のパトリック・ジョセフ・リネハン氏がKISを訪問され、『アメリカの外交政策と世界平和-青少年に対する期待』と題し、KIS生に対する特別講演会(全て英語による)が開かれました。

あれから約2ヶ月。
講演会を企画・実施した総責任者、そして、当日の全ての英語による進行の重責を見事に果たした高等部3年の邊廣烈君と沈相宇君(UNESCOクラブメンバー・2013年度学生会役員)らが6月19日に、大阪・神戸アメリカ総領事館を表敬訪問しました。

防弾ガラスと日本の警察に守られたビルに入るには、何重ものセキュリティをパスしなければなりません。
日本にありながら“日本ではない場所”にドキドキの私たちを迎えて下さったのは、満面の笑みの総領事のリネハン氏。
リネハン総領事の名文句『We are all different』をキーワードとして、“外交”、“人権”、“グローバリズム”等をテーマに、約1時間にわたる忌憚のない意見が交わされました!

アメリカ総領事との英語での意見交換は二人の学生たちにとっても、今後の大きな励みとなったようです。
今回の表敬訪問には英語科のジェレミー先生と社会科の池田先生が同行しました。
多忙な公務の中、貴重の時間を取っていただいたリネハン総領事および総領事館の皆様に心から感謝を申し上げます。

月別記事一覧
交流
コリア国際学園
タイトルとURLをコピーしました