大阪女学院大学学長、KISを訪問!

〜「縁」から始まる、さらなる「縁」〜

2013年9月12日(木)。

大阪女学院大学・短大・学長の加藤映子先生と、研究・教育企画室長の浅田晋太郎先生が、KISを訪問してくれました。
今回の訪問は、大阪女学院でも教鞭をとっている鍵本先生と千葉先生のご紹介で実現したものです(感謝!)。

聞くところによるとKISは、その設立に際し、大阪女学院でシンポジウム「東アジア時代の次世代教育〜KISのチャレンジ」を開催しており、ご縁の深さを感じます…!
大阪女学院と言えば“英語”のイメージが、歴史的にも伝統的に強い気がしますが(確か付属高校は、スーパー・イングリッシュ・ハイスクールに認定されている、と)、なんとアジアをキーワードに、英語のみならず、「韓国語を併習する『トライリンガル』コース」を設置しており、また、韓国の名門梨花女子大学とも提携をしており、まさにKISと、その方向性を同じうしている、(僭越ながら…)同志と呼ぶに相応しく(!)!

まず、加藤学長先生・浅田先生と、KIS側は、嚴校長・池田副校長・進路指導部長が懇談、大阪女学院とKISの協力協定の可能性に関し話し合い、前向きに進み始めることができれば、と確認し合いました。

その後、カナダ研修出発を次の日に控えた高等部2年の教室に学長先生を迎え、女学院の説明とともに、「大学とは?」・「留学とは?」他をテーマに、プレゼンをしていただき、その後、千葉先生の高等部3年英語の授業にも入って頂きました。
『加藤映子学長先生、そして、浅田晋太郎先生、ありがとうございました!』

仏教の僧侶としても、茶道を嗜む者としても、ついつい、『縁』という言葉を思い出さずにはいられない一日となりました*´ω`*)

頓首九拝 
副校長・進路指導部長・高等部主任: 池田 大介

月別記事一覧
交流
コリア国際学園
タイトルとURLをコピーしました