書籍「混迷する東アジア時代の越境人教育」出版!

この度、KISを題材にした書籍「混迷する東アジア時代の越境人教育―コリア国際学園の軌跡」(かもがわ出版)が出版されました。
本書は2008年4月にコリア国際学園(KIS)が設立される以前から現在までの10年間の軌跡を、生徒・保護者や教職員・理事などへの丹念なインタビューや取材を通じて生き生きと描き出しています。
著者は、30年あまりの新聞記者時代をへて、現在大阪大学未来共生イノベーター博士課程プログラムの特任教授を務める脇阪紀行さん。

本書はグローバル教育や国際バカロレア(IB)取得への挑戦などKISの教育活動を知る機会となるとともに、学校経営の難しさ、教育とアイデンティティ、教育とナショナリズムなどの普遍的なテーマを考えるうえでも興味深い内容となっています。
是非ともご一読していただければ幸いです。

本書の購入は、下記のKIS事務局へご連絡いただければ送付させていただきます(1冊:1,500円)。
また、かもがわ出版の下記のアドレスからもご購入できます。
お問合わせなど、お気軽にお問合わせください。

【かもがわ出版】
書籍はこちら

月別記事一覧
学校行事
コリア国際学園
タイトルとURLをコピーしました