教養・LA授業「バナナの交渉」ワークショップ開催

10月17日、金敬黙先生(中京大学准教授)による高等部2・3年生を対象にした教養・LA授業が行なわれました。
「バナナの交渉」をテーマにしたワークショップを通じて、授業は進められました。

一つのグループが3人、それぞれの役割は交渉人2人と経営者1人の設定です。
二人の交渉人の話を聞いて、経営者はどちらからバナナを買い取るかという内容からはじまりました。
各チームの交渉人による交渉術一つで、生まれる利益がまったく違う結果となり、相手との信頼関係の構築いかんにより、経営者の利益も大きく異なることが体感できました。

金先生は、「今回の授業では、こうした心理的な授業で相手の心を読んだり、思いやったりすることをゲーム感覚で楽しみました。
これから君たちが生きていく人生の中で、ビジネスはもちろん、他者との関係でも、同じようなことは実生活たくさんあると思います。
そうした場面に直面した時に自分たちが、どのようにして切り抜けていくか、考え抜く力と互いの立場に立って対話する力を身につけていってほしい」と語りかけました。

タイトルとURLをコピーしました