「学びの共同体」をテーマに教職員研修会を実施

「学びの共同体」をテーマにした校内研修会が、7月22日(金)、馬塲宏明先生(元東大阪市立金岡中学校校長)を講師にお招きして行なわれました。
「学びの共同体」とは、東大の佐藤学教授が提唱されている授業システムのことで、KISでも生徒の社会的背景や学力の多様性という現状を踏まえて、「学びの共同体」について教職員全体で共有するとともに、その段階的導入の可能性を探るという目的で行なわれました。

 馬塲先生は、「学びから逃がさない授業づくり」と題して、「学びの共同体」の社会的な背景具体的な授業づくりについて分かりやすく話をされました。
途中、金岡中学校での学びの共同体の授業展開をDVDで見ながら具体的に解説されました。
研修後もKISの嚴校長を中心に馬塲先生との意見交換が続きました。

タイトルとURLをコピーしました