アクション・ワークショップで学ぶ~教養・LA授業

11月15日(月)、中等部の教養・Liberal Arts科授業は、ファシリテーターに金湖蓮さんを招いてアクション・ワークショップを行いました。
この日は「発想の転換~箱からみえてくるもの」をテーマにして、「ユニーバーサルデザイン」というゲームを通じて、多面的な視点と広い視野から自分の意見を持ちつつ、他者の意見から学ぶことを学習する授業でした。
続いて、「同じ意見、違う意見」というテーマに「豪華客船クルーズ」を題材にしたゲームを通じて、立場の違う人たちの役割を演じながら意見をまとめることを学びました。
身体を使い表現することで、他者の立場を理解することの気づきを学ぶ貴重な授業となりました。



タイトルとURLをコピーしました